Eero Saarinen

Eero Saarinen(エーロ・サーリネン) 1910-1961 アメリカで活躍した建築家。フィンランドのヘルシンキに生まれ、13歳のときに家族でアメリカへ移住。父はクランブルックの校長であるEliel Saarinen、母はテキスタイルアーティストのLoja Saarinenであり、幼いころからデザインに囲まれて育ちました。パリ留学で彫刻を学んだ後、イェール大学で建築学を学び、1934年にはミシガン州にある父の建築事務所で働きながらクランブルックで教鞭を執りました。 1940年、MoMA主催の「オーガニックデザインコンペ」で、同校で出会ったチャールズ・イームズと共同製作したプライウッドチェアがグランプリを受賞。一躍注目を浴びました。幼い頃からフローレンス・ノルと深い親交があり、彼女のデザインにも多大な影響を与えています。
フローレンスがKnoll に入社した1940年より、サーリネンはフローレンスに依頼され、Knollとのコラボレーションをスタートします。その後15年にわたり、チューリップチェア、テーブル、ウームチェアをはじめ、70ものシーティングコレクションなど数々の名作をデザインし、Knollの歴史に大きくその名を刻みました。
家具における業績に加え、サーリネンはモダニストのリーダーとして極めて優れた建築物を残しています。代表作は、ワシントン・ダレス国際空港、セントルイスのゲートウェイ・アーチ、ケネディ国際空港のTWAターミナル、ニューヨークのCBSビルディングなど。