Knoll History

1938
Hans G.Knoll がニューヨーク東72番街にて”Factory N0.1”を開設。

1941
ペンシルバニアの製造工場を購入。

1942
Florence SchustがKnoll社のインテリアデザイナーとして加わり、Hansのビジネスパートナ ーとしてKnollの発展に貢献。後に「Planning Unit」を設立。

1945
Florence Schustがニューヨークの最初のショールームをデザイン。

1946
Hans G.KnollとFlorence Schust(以降Florence Knoll)が結婚。

1947
Florence Knoll が『Knoll Textiles』を設立。 ニューヨーク東65番街にテキスタイル専用ショールームを開設。
1948
Barcelona Collection(バルセロナチェア、バルセロナスツール、 バルセロナテーブル)の製造販売権を取得。 Eero SaarinenによるWomb ChairとOttomanがデビュー。

1951
フランスとドイツに生産子会社を設立。
1952
Harry Bertoia Collectionがデビュー。

1954
Florence Knoll のLounge Seating, Table Collectionがデビュー。

1955
Hans G.Knoll がキューバのハバナにて事故死。Florence Knollが代表取締役に就任する。      Isamu noguchi のテーブルがデビュー。

1957
Eero SaarinenのTulip Collectionがデビュー。

1958
ハーバート・マターによるWomb Chairの広告展開。 1971年までの24年間、「The New Yorker」創刊記念号の表紙裏を飾る。

1968
マルセル・ブロイヤーの製造販売権を取得。
1972
パリのルーブル美術館で”Knoll au Louvre“を開催。3ヶ月に約5万人を集め大盛況となる

1979
ワシントン国立美術館で開催された“バルセロナパビリオン建築50周年記念展”でスポンサーとなる。
1997
Knoll Textiles 50周年

2004
Knoll,Inc.がニューヨーク証券取引所に上場。
2010
株式会社Knoll Japanにおいて、日本国内の独占的販売総代理店契約を締結。
2013
Knoll,Inc.創立75周年